中級者にありがちな、ルアーローテーションの罠を回避する方法

バスルアーについて。
この記事は約1分で読めます
lure-71527_960_720

ルアーフィッシングを始めて約1年くらい経つと、ルアーも増えてそこそこ釣れる様になってきます。

「釣れた!」じゃなくて「釣った!」ですね。

そうなってくると、さらに釣れるルアーを探して、いろんなジャンルのルアーに手を出し始めます。

こうなってくると・・・・

ルアーの選択肢が多すぎて、反応があるまで我慢することが出来なくなってしまい、

ひたすらルアーローテーションをしてしまうようになってきます。

どうですか?みなさんも身に覚えはありませんか??私は、あります(笑)

そんな罠を回避する。私なりの方法論を記事にしたいと思います。

ちなみに、こういった方法でなくても、自分ルールを作ってローテーションするのがいいと思います。

沢山あるルアーの中から、厳選して数個のみをフィールドに持ち込む

まずは、最初から数を絞ることです。

ルアーの数が増えても、全部を使いきることは出来ません。

しかし、あれもこれも持って行きたくなるのがルアーマンの性(笑)

そこをぐっと我慢して、フィールドに向かう前に車の中で

ルアーを厳選しましょう。

[ad#adfish]

よく行く池なら、釣れやすいルアーや逆に合わないルアーもわかるはず。

例えば、夏にリリーパッドで覆われているときに

バイブレーションなんてありえないですよね?

そんな感じで池に合ったルアーを厳選してください。

これを行うことで、自然とルアー選択の力も付くはずです。

ロッドを厳選して、使えるルアーを絞る

複数のロッドを持っている人は、フィールドに持ち込む竿を厳選しましょう。

冬場であれば、ベイトロッドにはメタルバイブレーションのみ。

スピニングタックルを充実させる、など。

ワームも、池に合ったもののみを持っていく。

私のオススメは、こちらの記事にて。

冬の定番ワームの釣りかた。初心者必見!

まとめ

結局のところ、ルアーローテーションの罠にはまらないためには

フィールドに持ち込む前に、車の中などで厳選するのが

重要ですね。これが出来ると身軽に野池探索も出来ますし。

重いタックルボックス持ち回るのも、疲れますからね(笑)

参考になりましたか?

最後に、ナチュラムが一月末までの限定冬セールを開催しています。

ぜひ一度覗いてみてください。

[ad#naturam]