【夏のバス釣り】田植えのシーズンは濁りが入りやすい。そんな時のルアーセレクト!

夏バスの攻略(野池)
この記事は約5分で読めます

6月は田植えの始まる時期ですね。

この時期になると、水田に水を引くためにため池の水を落としたり、逆にその水が川やため池に流れ込んだりします。

そのため、当然のごとく水田の近くのため池や川は濁ります。

そんなときはルアーのカラーローテーションとか、ルアーセレクトが重要になってきます。

今回は、そのあたりを記事にしてみたいと思います。

Guess is the time the beginning of the rice planting June.

When it comes to this time, or drop of water reservoirs in order to draw water into the paddy fields, its water in reverse and Dari flowing into the rivers and reservoirs.

Therefore, turbidity near the ponds and rivers of the course of as paddy.

Toka color rotation of the lure is such a case, you have the lure select becomes important.

This time, I think I’d love to hit that in the article.

濁りに対応した、ルアーローテーション

濁りが入ったときは、まず誰でも考えるのが「高アピールのルアー」。

つまり、ラトル入りのバイブレーションやスピナーベイトですね。

私も当然、荒れた日はこういったルアーを使います。雨とかが降ったときですね。

水田の水引きによって濁りが入ったりするときは、天気が悪いわけではないので意外に釣れなかったりします。

こういったときはあえてスローな釣りをやっていきましょう。急に入った濁りの場合、魚自体が順応していないので動いていなかったりもします。濁りがきつい場所と薄い場所の境目+何かストラクチャーといった部分を見極めて、攻めましょう。

そのときのルアーは、大きめのラバージグなど。もしくはボリュームのあるノーシンカーワームなどですね。

なぜかというと、濁り対策としてサイズでアピールしたうえでゆっくりと動かすことで食わせの間を作るためです。

濁りが入ってしばらくの期間がたつと、濁りも薄れてきて魚も動き出します。

こういったときは濁っているためにバスの警戒心が薄れているので高アピールのスピナーベイトなどでがんがん攻めていきましょう。手返しよく狙っていくことで、散っているバスをキャッチしていくようにしてください。

[ad#adfish]

Corresponding to the turbidity, lure rotation

When the turbidity is entered, the first anyone think of a “high appeal of the lure.”

In other words, it is a vibration or spinnerbait of Rattle entering.

I also of course, is the day of rough use these lures. It is when the Toka rain fell.

When it or contains turbidity by water evacuation of paddy fields, you may not catch surprising because the weather is not bad.

Let’s dare doing slow fishing when these. In the case of it went into sudden turbidity, the fish itself will be or not moving because it does not adapt. Turbidity is assess the part, such as tight location and thin location of the boundary + something structure, let’s attack.

The lure of that time, such as large rubber jig. Or it is such as no sinker worm that volume.

Why?, Because you make between Kuwase by moving slowly in terms of the appeal in size as turbidity measures.

When the turbidity a while of the period went on, also began to move fish have faded also turbidity.

Let’s pounding attack in such a high-appeal spinnerbait because the bus of vigilance has faded because it is cloudy when these. By Tegaeshi go well aimed, so please go to catch are scattered bus.

濁りの時期の、カラーローテーションについて

こちらの記事でも、カラーローテーションについて、書いてありました。

[blogcard url=”http://ameblo.jp/k-ishida-mbblog/entry-12167870823.html”]

この記事では、いきなり高アピールのカラーを使うのではなく、ローアピール系のカラーから入ることを進めています。

なぜか?それは濁りが入ってくると、ベイトフィッシュなども体色が薄くなってくるから。

濁っている池のバスは、色が白いでしょ?それと一緒です。

これも一種の「マッチザベイト」ですね。

そして、だんだんと高アピールのカラーへと変化させていくということです。

まずはナチュラル系で攻める、というのはいいかもしれませんね。

そして、リアクション狙いという意味で、あえてナチュラル系カラーのバイブレーションの高速巻きなども有効です。

バスに判断する時間を与えない、という意味で効果はありますよ!!

The timing of the turbidity, the color rotation

In this article, the color rotation, was written.

In this article, instead of using the color of the suddenly high-appeal, we are to enter from the color of the low appeal system.

why? When it turbidity comes in, because the color of the body as well, such as bait fish come thinner.

Bus of cloudy pond, probably the color is white? At the same it is together.

This It is also “match the bait” of a kind.

And, it is that going to gradually change to a high appeal of color.

First attack in the natural system, it might be nice to that.

And, in the sense that the notes aim, dare also effective, such as high-speed winding of the vibration of the natural system color.

Not give a time to determine the bus, it will have any effect in the sense that! !

濁り対策のまとめ

1.濁りが出だしたときは、ナチュラル系のルアーでゆっくり攻める。

2.濁りがある程度落ち着いてきた頃に、ハイアピールのプラグを。

3.カラーはローアピール系から始めるべし。

このあたりが注意すべき点でしょうか。濁りが入ったときは、変化が起きたときなので、チャンスです。

バスがどこにいるかをしっかり考えながら攻めて行きましょう。

Summary of turbidity measures

1. When the turbidity began come out, attack slowly in the natural system of the lure.

2. By the time the turbidity has been settled to some extent, of the high appeal the plug.

3. Color shalt begin from the low appeal system.

I think the point is around this should be noted. When the turbidity has entered is, because when a change has occurred, is a chance.

Let’s attack while firmly consider how bus where you are.