【ターンオーバー】11月の琵琶湖の状況!【調査】

この記事は約1分で読めます

11月の琵琶湖は、ターンオーバーしているのか?

まずはターンオーバーとは何か?ですが・・・。

参考サイト:バス釣り口座|秋のターンオーバー

気温が下がる秋に水面の水と底の水(悪水)が入れ替わってしまう現象です。

turnover1 turnover2turnover3

底の水質は悪いので、この水が充満するターンオーバーは魚の活性を下げ、釣りを難しくします。

現在の琵琶湖の状況は?

ターンオーバーしているのかどうか、琵琶湖のおかっぱり釣りのブログを検索してみました。

参考:GETNET BLOG

11月8日の雨が降ったときの釣果がアップされていました。

ライトリグでの攻略。ダウンショット&シャッドテールワームで釣れていたようです。

ここでのポイントは、釣れている場所は「水の動きがある場所」で、「ウィードが残っている場所」

ということです。

ターンオーバー攻略の基本どおりにポイントを選択して、釣っていくしかありません。

1.水のいい場所を探す。

これはやはり基本ですね。川の流れ込んでいる場所、沖などで流れがある場所です。また、

比較的シャローに関してはターンオーバーがおこりにくいようなので、シャローでバズベイトを

引くなどして、ターンオーバーの有無を確かめてみるのもいいかもしれません。

2.リアクションバイトを狙う

食欲がないバスに口を使わせるには、これしかありません。テッパン系ルアーのリフト

&フォールや、1/2オンス以上のジグでストンと落とすなどもいいでしょう。

釣果情報について

11月のおかっぱり釣果としては、こちらのサイトで54センチの釣果が出ていました。

琵琶湖といっても、最南端の瀬田川のようですが・・・・。

BeWAF 瀬田川釣果

また、こちらのおかっぱりガイドさんのブログでは2015年11月の傾向について

分析されています。

淀川・琵琶湖 陸っぱりガイド Make【メイク】 ここ最近の傾向について

以上、参考までに。