秋のブラックバス攻略!バイブレーションで釣る

バスフィッシングの季節別パターン
この記事は約1分で読めます
vibration-x_jr

秋の野池のルアーといえば、広く早くサーチできるルアーがメインになります。

代表的なのがバイブレーションと、スピナーベイトですね。

今回は、バイブレーションに絞って野池の攻略法を紹介したいと思います。

夏から秋への野池の変化を攻略する!!

9月に入ると、気温はだんだんと低下してきます。

それに伴い、池の水温も下がってきます。夏の間は水温が高いために木陰や

ウィードの中に隠れていたバスたちも、水温の低下に伴い動き出します。

人間も暑いときは動きたくないし、食欲も落ちますよね?

それと同じです。まさに、食欲の秋!!ってとこですね。

また、秋になると春に生まれたギルやフナの子供も大きくなってくるため、

えさも豊富になってくるという面もあります。

[ad#adfish]

なぜ、秋はバイブレーションなのか?

先ほどもかきましたが、この時期はギルやフナの子供が大きくなってくるので、メインベイトが

これにシフトする、という面があります。

実際に、過去に釣ったバスの口の奥にフナの尻尾が見えたことも。

バイブレーションって、どこのメーカーでもギルとかフナのカラーが出てますし、

形も基本的にはひし型になっていてそっくり!!

この点があります。マッチ・ザ・ベイトですね。

マッチザベイトはルアーフィッシングの基本ですから。

バイブレーションで、どういう場所を狙うのか?

秋は水温低下に伴い、バスの活動範囲が広がります。

春とは違って、産卵行動の為にシャローに上がって来るわけでもないので

簡単にはいきません。

では、どうするのか?

そこでバイブレーションの出番となります!

バイブレーションなら、空気抵抗も低く、重量もあるので

ベイトタックルで良く飛びます!

イメージとしては、池を輪切りにするように、投げていきます。

基本的には何もないところも探っていく形になります。

なぜなら、この時期のバスはクルーズしていることが多いので

それ狙いになるからですね。

池自体の狙いは、減水している野池。

理由は、全体の水域が狭くなるのと、水深も浅くなるためです。

水深が浅くなると、深さ方向に探る必要が無くなるため

つりやすいです。バスからもルアーが見つけやすくなるので。

[ad#adfish]

ルアーのカラーリングは?

減水した野池は、シャローに小魚が集まりやすく、そこにバスもやってきます。

その小魚を散らすようにバイブレーションを引くことで、

バイブレーションをはぐれた小魚のように演出することができます。

そして、そういうところに集まるバスはデカバスの可能性が高い!

次回は、バイブレーション以外の秋ルアーを紹介します。

秋バスの釣行記事を書きました!

秋本番!!実釣行してきました。兵庫県・上郡